寺院参拝のしきたりについて 

お寺の参拝の時は、マナーがあるのかな?なんて調べてみました。(渡邉です)

① 山門の前で一礼する
   お寺の入口に立派な門がある。これを山門と云うそうです。門から先は神聖なる仏
   さまの領域だそうです。門をくぐる前に一礼して、参道では大きな声をつつしみ、
   参道の真ん中を避けて歩くようにします。

② 手水舎(じょうずや)で身を清める
   お寺によっては、参道の途中に手と口を清めるための手水舎があります。柄杓を
   使って左手、右手の順に手に水をかけ清めます。その後、柄杓を使って左手に水を
   汲み、口をすすぎます。柄杓から直接水を口に入れるのは良くありません。

③ お線香をあげる
   お寺によっては、参道の途中にお線香をあげる香呂があります。お線香の香りには
   仏様を供養し、身を清め、魔除けや心身に安らぎを与えるご利益があるとされて
   います。是非、お線香をあげるようにしたいものです。その時、人からもらい火を
   したりしないで、お線香は香呂の中心から挿すようにします。

④ 参拝をする
   本堂に着いたら一礼し、お賽銭を入れて鈴を鳴らします。お寺では、拍手は
   打たないようにします。合掌して参拝をさせて頂いたお礼、感謝・願い事など
   します。最後に一礼し本堂を後にしたら、参拝終了です。

  寺院参拝のマナーは菩提寺だけでなく、他の寺院でも心がけたいと思います。
  寒暖の差が大きく、風邪やインフルエンザが流行していますが、ご自愛ください。
                              


PageTop

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:

http://www.tsuchiura-tukuba-saijo.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/286