枕飯と枕団子

お葬式にお参りに行くと、故人の枕元に山盛りのご飯(枕飯)と団子(枕団子)がお供えされていることがあります。
何故、お供えされているのかまとめてみました。

枕飯
昔、白米は貴重品であり、故人が「コメを食べたくて起きてきてほしい」と願う気持ちと
この世の最後の食事となるので、たくさん食べてもらって、この世に未練を残さないために
山盛りにして箸を立てたといわれています。

枕飯の作り方
一合のお米をいつも炊く鍋とは別のもので炊き、そのご飯を残さず茶碗に盛り付ける
ご飯は水分を吸って量が多くなり山盛りのご飯になる
箸を立てたのは、故人の品物と示すものと言われたり、この世への未練を断ち切る為に
箸を立てて、この世をみえなくすると言われている。

枕団子
諸説あります。
昔、お釈迦様が悟りの世界に入る時、お供えをしたご飯を辞退をして食べなかった。
そこで亡くなった時に、それを団子にしてお供えをしたと言う説があります。
それ以外にも、あの世への旅の途中に、おなかをすかせた人たちへおすそ分けをする為や
故人が冥土まで、おなかをすかせないようにお弁当としてお供えをしたと言う説など様々あります。
また、数も様々です。
 6個  仏教の世界の六道(地獄・餓鬼・畜生・修羅・人間・天上の6世界)
     お寺に行くとお地蔵様が6体(6地蔵)
 7個  亡くなった日から七日毎にお団子を7個お供えをする
    (7個*7=49個 1日一個お供えする)
 13個 仏教の13仏に1個お供えする
それ以外にも、その土地によって数、形も様々です。
このように、お葬式のお供えも答えは一つではなく、宗派(浄土真宗)によっては、
このようなお供えはしない事もあります。
考えてみた所、故人に対しての気持ちがお供えと言う形をつくっているとものと
思います。
気持ちを込めたお葬式、供養をしていかないといけないと改めて考えさせれました。

PageTop

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:

http://www.tsuchiura-tukuba-saijo.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/288