節分の豆知識(豆だけに・・)


 もうすぐ節分ですね!

節分とは「季節を分ける」
つまり、季節の変わり目を表しており【立春・立夏・立秋・立冬】と年に4回あります。

そのなかでも旧暦では 立春(2月4日)が一年の始まりで今でいう元日にあたり、その前日の2月3日が大晦日となり旧年の厄や災難を祓い清める行事が今の豆まきになったそうです。

なぜ『豆』なのか・・?
豆は、魔を滅する「魔滅=まめ」の語呂合わせだそうです。

皆さんのご家庭では豆まきをしてますか?

私は毎年、豆まきをしています!
昔からの文化を大切にしたいですし、7歳の娘が喜んで豆まきをしてくれるのも今のうちだけでしょうからね・・

今年もお父さんは「鬼」になって、かわいい娘に退治されることが楽しみで仕方ない川田
誠でした。

喪中のお正月の過ごし方

喪中とは・・・
 身内が亡くなって一定期間、死を悼み喪に服するということ
 期間は1年間で、その期間内は慶事を控えるというのが習わしです

新年を迎えるにあたって、どのように過ごしたら良いのでしょう?

 控えた方が良い事
  ☆鏡餅・門松・しめ飾りなどの正月飾り
  ☆年賀のあいさつ・年賀状のやりとり
  ☆神社への初詣
    (お墓への初参りをするのが良いでしょう)
  ☆子供へのお年玉
    (「お年玉」という表書きを使わず無地のポチ袋で渡すのはOKです‼)
  ☆正月料理・お屠蘇・お雑煮でのお祝い
    (日常の食事の一環として食べるのであれば差支えないと思います)

 ※ 各ご家庭での考え方やライフスタイルもあるのでご参考までに・・・